プロフィール - 七転び八起き -

こんにちは、司法書士の村上文永(むらかみ ふみのり)と申します。

平成14年司法書士事務所に就職、実務経験を積みながら勉強し、平成19年司法書士試験に合格致しました。合格を機に5年間大変お世話になった事務所を退職し、平成20年地元八千代市にて当事務所を開設させて頂きました。司法書士を目指し開業に至るまでの出来事を少しお話ししたいと思います。

 

19歳で司法書士を目指すことに

19歳の冬、大学キャンパスにもすっかり慣れ1年が過ぎようとしていた頃、私は自分の将来にだんだんと不安を感じ始めていました。当時の私にはこれと言った将来のビジョンがなく、大学卒業後、社会人として実社会で働く自分をどうしてもイメージすることができませんでした。やりたいことが全く見つかっていない状況に、漠然と不安を感じ始めた時期でした。

そんな時、まわりを見回すと世の中は資格ブーム。不景気の影響で自らの市場価値を高めるべく資格取得や自己啓発に力を入れる人が増え始めていました。自分も何か資格を取得しようと考え、「どうせやるのであれば全くの未知の分野に飛び込み、ゼロから自分の力を試してみたい」という思いで法律系の資格に挑戦することにし、それまで聞いたこともなかった『司法書士』と言う職業を目指すことにしました。

しかし、司法書士試験は当時の私にはとてもハードルが高く難関の資格試験でした。合格までの道程をある程度覚悟していた私は、まずは宅地建物取引主任者試験に挑戦することにしました。大学のオープンスクールを活用して宅建講座を受講し、1年間の勉強後、運よく宅建に合格することができました。

次に行政書士試験に挑み、大学の授業とは別に夜間通学できる大手法律専門学校に入学し、大学4年のとき2度目の受験でなんとか行政書士試験に合格することもできました。

そして、大学を卒業後、そこから司法書士試験合格への長い長い(長過ぎる)挑戦がはじまりました。

 

所長との出会い

大学卒業後は、一旦実家の工場に就職し、働きながら司法書士試験合格を目指しましたが、結果は3年連続の不合格でした。当初抱いていた合格への強い気持ちが徐々に失われつつあるのを感じていた私は、悩んだ結果、実務経験を積むため司法書士事務所へ転職することにしました。

タウンページを片手に様々な司法書士事務所に電話をかけた結果、「丁度、人を雇おうと思っていた」という事務所が見つかり、司法書士事務所へ就職が叶いました。この時、私を雇ってくれた事務所所長との出会いには今でも大変感謝しており、独立した現在でも、所長には公私ともに大変お世話になっています。

その後は、気持ちも新たに司法書士事務所で実務経験を積みながら試験の合格を目指すことになりました。しかし、環境が変わってもなかなか結果を残すことができず、自分の不甲斐なさから4年連続の失敗・・・

通算7回(7年)連続の失敗となり、7回目の受験の際にはそれまでの度重なる不合格と、合格への重圧から完全に心が折れてしまい、司法書士になることを諦めようか真剣に悩み、事務所の所長に相談をしてみました。その時、「努力を続け実力をキープし続けていれば、必ずキミの順番が巡ってくるから、もう少し頑張ってみなさい!」と、力強い言葉で励ましてくださった所長の存在がなければ、司法書士としての今の私はおそらくいないでしょう。

翌年8回目の受験で、ようやく司法書士試験に合格させていただきました。
七転び八起き』という言葉がこれほど心底身に染みた年はありませんでした。

画して司法書士を目指してから11年後、平成19年に30歳でようやく司法書士試験に合格することができました。しかし、合格は司法書士としてのスタートラインに立てただけのこと、本当の挑戦はまだまだこれからだと思っております。

 

千葉県八千代市に独立開業

その後、大変お世話になった司法書士事務所を退職し、地元八千代市で開業を果たすことができました。この業界では若手ということもあり、仕事を依頼してくださるお客様も人生の先輩方がほとんどなのですが、法律実務家として少しでもお客様のお役に立ちたいという強い思いで日々研鑽を積んでおります。

 

略歴

kaoshainn.bmp【代表者氏名】

村上 文永(むらかみ ふみのり)


【所属団体】

千葉司法書士会所属 第1084号

千葉行政書士会所属 第9033号

一般社団法人民事信託推進センター会員

公益社団法人成年後見センターリーガルサポート会員 

 

【略歴】

昭和51年10月 千葉県千葉市中央区生まれ
平成7年 秀明八千代高校卒業
平成11年 明海大学経済学部経済学科卒業
 大学2年の時に宅地建物取引主任者試験合格
 大学4年の時に行政書士試験合格
(大学広報に手記掲載→PDFはこちらをクリック
  大学卒業後 3年間ほど家業を手伝う
(化粧瓶工場で商品運搬などをしておりましたので、フォークリフトの運転にはかなりの自信があります。当然免許も持ってます。)
平成14年 県内の司法書士事務所に就職
(所長には公私ともに、大変お世話になりました。今でも師弟関係は続いております。)
平成19年 司法書士試験合格
(大学広報に手記掲載→掲載サイトはこちらをクリック
受験8回目で合格、"七転び八起き"を身をもって実感させて頂きました。
平成20年5月 5年ほどお世話になった司法書士事務所を円満退職
平成20年7月 千葉県八千代市にて、独立開業

 

現在、多くのお客様のお役に立てるよう、日夜奮闘中。


【趣味】

映画鑑賞、料理、ビリヤード、ペットショップで犬を見ること


【好きな言葉】
 

一期一会

【好きな食物】

漬け物、和菓子、洋菓子

とても親しみやすい事務所です

jimusho3.jpg

 

司法書士事務所、行政書士事務所など法律関係の事務所は堅苦しいイメージがありますが、当事務所はお気軽に相談に来ていただける雰囲気です。ご近所の相談者様やお客様がふらりと来所されることもございます。安心してお越しください。

 

柔軟な対応

法律実務家というと、頭が固いイメージがあるようですが、当事務所では柔軟な考え方を心かげています。お客様のお話をしっかりと伺い、頻繁にコンタクトを取り、できるだけ柔軟に対応します。

 

明確な価格表示

お客様が一番気になるのは金銭面ではないでしょうか。 いくらかかるのか、まったく予想できないので不安だという声をよく耳にします。 当事務所では、報酬額を明確に提示致しますので、安心してご相談いただけます。

 

軽いフットワークでスピーディーに

若さを活かし、フットワークを軽く、スピードを重視した丁寧な仕事を心がけています。 ご希望があればご自宅へ訪問して打合せも行いますので、ご来所が難しい高齢者の方にもご好評を頂いております。また、軽いフットワークで迅速丁寧なお手続きでサポート致しますので、多くのお客様にも喜んで頂いています。

 

お渡しする書類にも心を込めます

お客様にお渡しする書類にはこだわりを持って作っています。 たとえば、(登記識別情報通知(権利証)などお客様が大切に保管しなければならないものは、重要な書類であることがわかるよう表紙を付け、防犯のために識別ビニール袋に入れご返却致します。書類は当事務所が作り上げた商品ですから、お客様を第一に考えてお渡ししたいからです。